FC2ブログ

相反 問題

中国の 尖閣諸島問題で かなり 強気の態度と発言を取っている。
 それに対して 日本は殆どコメントが出てこない。

 粛々と 対応している と言う事なのかな

 尖閣諸島は 日本の領土であり
 領土内での 違法操業は 誠に遺憾な事である 程度 言えんかなあ・・・。

 で それに関してではないが

 円高の要因として 中国が 日本国債を買っているのが
 円高の要因と言う噂も

 喧嘩し掛けた 相手の国の 国債買うのって どうよて 話だが

 日本の 向こうに 米国が 見え隠れしているのか
 ユーロ/ドルで ユーロ高が 進んでいる

 これは ドルが 売られていると言う事に成るのだが
 裏返せば 中国が ドルを売っているから

 ただ 欧州の 財政問題が あまり ニュースには上がってこないが
 本当に ギリシャ問題は解決したのだろうか

 物作り 日本の話題が 出て 久しいが
 円高から 国際競争力の 弱体化が進んでいる

 それが 日本企業の 海外進出に拍車を掛けたり
 部品 調達を 海外に 求めたりしているが・・・

 価格競争力 = 国際競争力では 無いと思うが

 価格競争の 渦に 巻き込まれたら 日本が 新興国に太刀打ち出来ないのは
 火を見るより 明らか

 企業サイドは 世界戦力の 転換を 今すべきでは無いのか
 当然 官の方の アシストは 必要だが

 今のまま 進めば 高品質の 日本製の 神話も 崩れ去るのは近いと思う。

 日本の 独自の進化 ガラパゴスと 言われるが
 ガラパゴスの 技術こそが 今 逆に 日本の地位を 一段アップさせるのではと思う。

 ガラパゴスの 技術を積極的に 海外移転する
 世界一  品質に厳しいと 言われる 日本製品は

 それは ある意味 絶対的な 優位なのだから
 それを 否定して その先が有るのか

 価格競争の 世界に 巻き込まれて どうするの

 と 声を大にして 言いたい。


  只今 ポジションなし


 ユーロ/ドルの位置で ユーロが 高い
 この ユーロが 売られた時に ドル/円の強・弱が とう変化するのか

 日本の 為替介入は

 その高価も 円じり高傾向から 薄らいでいるが
 ここで 中国との 亀裂が もう少し深くなると

  為替市場は どう変化するのか 
  
  介入金額も もう直ぐ 明らかになるし・・・

  ポジション 持つ状況では 今は無い

 カウンターを 狙う 短期しか 無いだろう・・・ 今は
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://7482.blog105.fc2.com/tb.php/323-5444aba1

«  | HOME |  »

プロフィール

トンデモナゾ

Author:トンデモナゾ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (59)
取引 (448)
集計 (25)
市場状況 (7)
手法 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード