FC2ブログ

不安心理

不安心理

 東京では 食料品が 売り切れ
 自分が 当事者(東京在住)なら どんな行動を取るか

 これは 買い占めない まあ 農民と言うのも有るが
 米は有る

 暫くは 米でも食べて過ごせる
 また 一般家庭でも 4/5日分の 米程度は有るだろうし
 
 トイレットペーパー等は 普通の家庭には 1か月分程度の量が有るだろう
 普通に 1袋買えば 20ロールは 有るのだし

 無くなった食品

 震災外の 地域には有るのだから これを 時間が掛かるが
 配送は可能だと思っている 何故 パニックになる

 それに引き換え 震災地域は みんな 譲り合って
 最低限の 物しか 買わない

 海外メディア 賞賛する 秩序を乱さず 配給を受ける 奪い合う事もしない
 精神的な 高潔さ 誇るべき秩序

 それに 比較して テレビ放送は やたらと 不安を煽る様な報道
 
 原発の 爆発により 放射線量が 飛躍的に増加して
 世紀末だと 騒ぐが・・・

 実際に どんな状況下は 現場の人間でも 把握仕切れていないのかも知れない
 有っては 成らない事だけど・・・。

 現場での 実行部隊は 一分・1秒が 惜しくて 色々な対策や処置をしていると思う

 そんな 人達に 情報を出せと 責めるのは 仕事を邪魔しているのと同じでだと思う。

 マスコミ(テレビ局)では この問題に対処出来る 術を持っていないのだから
 出来ないのなら 信じるしか無く 邪魔だけはしない事だと思う。

 原発の 問題

 海外から 実も経験豊富な 人材の援助の申し入れも有る様だ
 この 受け入れ態勢 早急にして貰いたいと 個人的には思う。

 今回の 震災で  自衛隊の隊員の方たちが 救助・復旧作業に携わっている
 この 情報が 全く テレビの報道からは 聞こえてこない

 救助の 邪魔に成るような 取材は NGだけど
 もう少し 自衛隊の 貢献を 大々的に 放映しても良いのではと思う
 状況が 少しでも 改善している事が 判れば
 被災者にも 安心感が少しは 広がるはずだし
 全国で 祈るような気持ちで 事の成り行きを 見守っている
 国民にも安堵感は 広がるはず。
 そして 自分たちも 何かしなければて 強い気持ちや 連帯感も生まれてくる筈。

 被災で 家族を失った 人達に マイクを向けてどうする。

 避難所の情報や 政府・企業・の 支援の譲許について
 もっと 取材して情報を 発信したらどうなんだろう

 実際に 被災した 地域では テレビも見られないと思うが
 他の 地域に住んでいる 知人・親戚などから 情報は聞ける。

 例えば 大阪府は 緊急支援物資として
 府の 備蓄分の20%を 緊急に 被災地域に送ったとかね

 アメリカの 世界最大規模の 空母が支援に来ているが
 その情報はだけで 実際にどんな 活動をしているのか聞こえてこない
 
 現地では 判っている事なのかも知れないけど

 少し 相場の 話

 日経平均の 大暴落
 しかし 為替は 円高

 特に 日経平均株価の 暴落は 問題では有るが
 誰かが 売って 誰かが 買ったと言うだけの 問題で
 企業決算などに 影響を及ぼすとは 思うが
 これは 会計処理だけの 問題で
 その物が 無くなった訳でもなく その価値の評価が
 一時的に 変化しただけの問題であり 
 状況が 落ち着けば また 経済的合理性の評価に変化する。

 我々にとって 一番不幸なのは
  優秀な 指導者を 選ぶ事が出来なかった事ではないだろうかと思う。

 東電の 問題にしても
 結局、本当に 心ある 優秀な人材がトップに付けない事が
 今回の問題を 深刻化した一番の 要因の様な 気がする。

   http://ijin.keieimaster.com/wadai/wadai/90.html

 ここまで 書いて 東京電力の 現在の役員の経歴を調べようと思ったが
 HPを 見ないと駄目だし

 そこには 計画停電の 情報が掲載されている 筈
 こんな 緊急性の無い事で トラフィック掛けるのは
 馬鹿以外の 何者でもないので

 覚えていたら  何事も無い 日常に 戻ったときに 調べてみる事に
 
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://7482.blog105.fc2.com/tb.php/404-3917608f

«  | HOME |  »

プロフィール

トンデモナゾ

Author:トンデモナゾ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (59)
取引 (448)
集計 (25)
市場状況 (7)
手法 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード