FC2ブログ

ボラ

円が動かないので 最近は ユーロ/ドルばかり やっているのは 
                  昨日の記事にも書いた。

ユーロ/ドルを やる理由に ついて 箇条書きしてみると

ボラがある
スプレッドが小さい (円換算で損益を計算するのも有るが)
両方通貨に 問題を抱えているので 一方通行に成り難い

ユーロは 債務問題と デホルト
米国は  ドル安政策と 過剰流動性


この 2つの問題が ボラを高めている

そして 今は 思っているのは
 どちらの 通貨が 過大評価をされているのかと言う問題

 個人的には 何も問題の無い 経済事情だとしても
 若干 ドルが 過小評価されているのではないかと思うが

 ユーロについては 後ろに 中国・中東の影がちらつくので
 思った以上に 下値で 買いが入っていると思う。
 だから 逆張りでの ユーロ買いが 有効だったりする。

また 両通貨が 取引高として 圧倒的で有り
プレーヤーが多い事で
横ばい 下降・上昇が 割と解り易い タイミングで起こっていると思える

プレーヤーが 何らかの テクニカル指標を使って 取引しているから
その 指標が 完全に解れば良いけどね
まあ・・・ 異なった指標を 使うから ボラが 発生するんだけどね

欧州時間の始まる 時間に 割と 一方通行に 為替変動しやすいように思う。

また ボックス圏で 今動いているように思うから
往復で 取れる チャンスも有るんだよね

2011-12-10-1.jpg

日足で見ると ユーロ売りトレンド
周期的に また EU会議終了で 切り替えして 暫く上昇するかも
これは 1ヶ月単位の話

2011-12-10-2.jpg

8時間足でも 同じ傾向だが

下値は 若干 切り上がっている傾向に変化しているのかと思う

 1.32割れるのか

 1.35 超えるのか

 この ポイントで ストップロスの発生が有り得る

 2011-12-10-3.jpg

株価との 連動性

 上のラインが 多分 米国の SP500の推移
 FXCMの ツールにリアルタイム更新か有ったので これを 同時表示させた物

 まあ・・ 連動が有ったとしても
 どちらに 動くか 解らないので  約に立たないと言えば そうだけどね

 ただ 米国の株価は 細菌楽観論に 傾いている気は するので
 この辺も ユーロ逆張りでも 何とかなる 理由かも知れない

 欧州で時間の 始で ユーロ売られても
 電子取引の 米国株価は 織り込んでいるし

 場立ちが 始まると 流動性が 増加して
 下げ渋りだすので ユーロが戻す そんな事が多い様な

 先週は 三空さんと 個人投資家の バトルの ライブを見ていた

 ここで テックと ボリバーの指標を使って 三空さんが 取引していたが

 感覚トレードの 私と ある程度 タイミング的に 有っている事が解った
 これて 人間の 行動パターンは 割と似通った 発想しか出来ない証左では無いかと思う。

 ただ ブレイクした時に ここら 逆張り・順張りと 取る行動が違ったりする

 私は 逆張りが多いから

 そこから 買い下がり・ 売り載せで 次のポイントまで 勝負となる
 これは 当然 大きな流れを考慮しての 裁量だが

 三空さんは テックで トレードしている様だが

 短期なら 1分 5分まで 

 大きな 流れは 1時間と 8時間を 参考にしている
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://7482.blog105.fc2.com/tb.php/501-07ca1126

«  | HOME |  »

プロフィール

トンデモナゾ

Author:トンデモナゾ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (59)
取引 (448)
集計 (25)
市場状況 (7)
手法 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード